アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

我が家の包丁事件

      2015/06/03

874b0bb333b38e492871ae7281ea70b7_s

包丁事件。

【スポンサーリンク】

先日、注意力が散漫になっていたのか、認知症の母と一緒に台所に立った時に、右隣りにいた母が何かの勢いで包丁を押してしまった。

そしてその包丁が、私の右手首の少し上に刺さり?軽い事件、出血をしてしまいました。

傷はたいしたことなくはないのですけど、何より包丁の切り傷って痛いですよね。

生魚をさばいたままの包丁ということもあり、いちおう消毒してもらおうと病院にいき、オーバーにも2、3日包帯をしてました。

お母さん、包丁がある時は気をつけてね。

落っことして足に刺さったら大変だから・・
と、言ったところで通じてるのか通じてないのか、私の包帯を見ても悪ぶれるところはないのは認知症ゆえですね。

私が、包丁のあるところに母を立たせたのが悪かった、失敗と思いました。

夫も、父も同じ認識で、私のアルツハイマーを差し引いても「気をつけないとな」とのことでした。
(むしろ、そりゃお前が悪いという感じです。)

 icon-check-square-o 右手をかばい過ぎて左手首を捻挫してしまいました。

その包帯を巻いていた2.3日、右手をかばっていたのかもしれません。

いつも通り、お鍋やフライパンも左手で勢いよく料理を作ったり、お風呂の掃除、洗濯機に残り湯を汲んだり(ホースが壊れてます)で負担をかけていたのかな。

気がつけば、ドアノブ回すのも左手首に激痛が走っていました。

アルツハイマー・認知症って、体のどこかが常に痛い病気ではないので・・

たかが手首の捻挫ですが、たえず激痛を伴うご病気の方は大変だなぁと思いました。

これでもやっとキーボードを叩けるようになったので、ほんとう痛みに耐えながらパソコンに向かってる方がいると思うと感服してしまいました。

そう思えるのも、これから先の長いアルツハイマー闘病生活を思えばこそで、私に痛みを与えない病気の神さまには感謝しなきゃなと我が家の包丁事件から思わされました。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , ,

     

  関連記事

10943699_374748262697342_4479142460273311892_n
若年性アルツハイマーらしくココナッツオイル

去年の夏ぐらいからでしょうか。 ココナッツオイルが認知症・アルツハイマーに有効、 …

アルツハイマー2度目の夏
若年性アルツハイマーを発症してから2度目の夏

毎年毎年、暑くなっていってますよね。 若年性アルツハイマーを発症してから2度目の …

K9A0HppkvO42i0C1397507417_1397507588
娘の涙とアルツハイマーの真実

我が家に幸運の四つ葉のクローバーが訪れることはないでしょうけど、三つ葉で十分。 …

四葉のクローバー
昼夜逆転生活の悩み、不安

認知症の母に引っ張られるように、私もかなり昼夜逆転生活になってきています。 娘の …

open-door
少しでも暗いニュースには悲しく反応してしまいます

少しでも暗いニュースには悲しく反応してしまいます。 老年医学会から、高齢者に対す …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です