アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

大山のぶ代さん、認知症から声優業復帰

      2015/10/06

先日、認知症を患っているとご主人から公表された「ドラえもん」の声優さんの大山のぶ代さん。

声優業復帰としての舞台『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』に登場する「モノクマ役」を担当されたとニュース報道されました。

セリフも30秒後には忘れてしまうのでしょうけど・・・

メッセージが最後まで言えるのか、同じ認知症介護者として、まるで自分の母親ように被せてハラハラと聞き入ってしまいました。

大山のぶ代 声優復帰
引用:Yahooニュース

【スポンサーリンク】

一般の方が見ますと賛否両論な部分があると思います。

認知症患者にセリフを棒読みさせるな、そもそも仕事させるななどが考えられます。

商業的には舞台の広報にもなりますし、私自身この舞台キャラクターを知らなかったので宣伝効果にもなって、そうするとこの声優のお仕事が本人の意思なのか、やらされているのか?

というような様々な意見、何より「本人の意思」という問題があると思います。

おおよそ認知症になった著名人で、その現在をテレビに露出された方もいなかったのではないでしょうか・・・

社会の認知症への正しい理解を啓蒙されてるようにも思いました。

私はそういう意見があることを承知で、大山のぶ代さんご夫婦の決断に感動すら覚えます。

もちろん認知症介護者のかた全員がそう思わないと思いますけど、声優としての人生だった大山のぶ代さんがもう一度社会とつながり(ファンの方に健全を伝える意味もあるのでしょうけど)生涯のメモリアルとして、ご主人が設定された決断を尊重できる、したいと思いました。

その背景にある大山のぶ代さんのご主人の介護の苦悩をある程度知っているので、この短い(認知症患者にはけして短くない)メッセージに、大山さんご夫妻の認知症を正しく社会に啓蒙しようという気持ちさえ感じました。

何よりも年齢以上にお美しくされている姿を見れたことは、私にとっては大きな励みにもなり嬉しくなりました。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - 若年性アルツハイマー徒然 ,

     

  関連記事

無題ikut
6月27日 アリスのままで

若年性アルツハイマーの記憶が薄れゆく日々の全米ベストセラー小説「静かなるアリス」 …

NHKスペシャル介護殺人 当事者たちの忸怩たる涙の告白
NHKスペシャル介護殺人 当事者たちの忸怩たる涙の告白

【スポンサーリンク】 私自身が若年性アルツハイマーの要介護者でありながら母親の認 …

無題uyk
頭部移植手術、私は生花のままで・・・

半月経ってようやく、このイタリアのニュースを直視することができるようになりました …

stillalice
アリスのままで感想 同じアルツハイマー患者として

昨日さっそく、娘と2人で若年性アルツハイマーの実小説の映画化「アリスのままで」を …

アルツハイマー マイナンバー
マイナンバー制度とアルツハイマー病歴

引用:マイナンバー政府広報オンライン 【スポンサーリンク】 10月からマイナンバ …

Comment

  1. みき たかし より:

    Yuki様
     
    認知症自体がありふれた病気(本人はそんなことでは済みませんが)である時代になりつつあるのでしょうか。 
    レーガン大統領の例もありますが、認知症は隠さずに(勇気が必要ですが)、周囲に理解してもらうようにするべきです。大山さんのようにするかどうかはともかくとして。 
    私も家内の病気については、診断されてから(悩みましたが)近所の方々に伝えました。そのほうがトラブルを少なく出来ると思ったのです。
    誰でも病気にはなりたくないのは当然です。しかしながら自分や周囲の人も、認知症はもとより、いつかは病んで死んでゆくのです。また、明日はわからないのが現実です。

    他人事のようですが、なったらなったまででしょう。あまり考えすぎないようにしたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です