アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

母、顔面から階段の角に転倒

   

金曜日の夜、父が老人会の会合で出かけ、たまたま私と認知症の母と二人きりになり、つんのめり気味に歩く母の動向には注意はしていたのですが。
それでも、母がトイレに行くと言うので、トイレの方向に向かう母を見届けて安全を確認して目を離したとき・・

母は何を思ったのか、そこから曲がって2階のトイレに行こうとしたらしく、階段に躓いてそのまま顔からつんのめって顔面から階段の角に向かって転倒してしまいました。

スポンサーリンク

「ぎゃあ」だったか「ふぎゃあ」だったか、大きな奇声を発して、私が急いで駆けつけると転倒した姿そのままにまぶたから血を出して(しかもすごい量)いました。

もう出血量にびっくりして・・急いで救急車を呼びました。

幸い骨には異常がなく大事に至らず、まぶたも縫合していただき、病院に二泊して帰宅しました。
顔の右半分が特に目元はボクシングで殴られたような青アザで痛々しいです。

女性ですから顔に傷が残ればかわいそうと思っているのですが、抜歯してどうなることやらです。

いま思えば、(刑事ドラマのワンシーンのような)すごい格好で階段に倒れて血が流れていました。
落ちなかっただけよかったですけど、気をつけないといけませんね。

それにしても何故2階のトイレに・・・は謎です。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , ,

     

  関連記事

eddca66a772ee69c0e99f38a87c7117e_s
記憶の扉が閉じる前に

脳の萎縮検査の結果が出ました。 当然の結果ではありましたが、脳の「海馬」という記 …

1470236_217450465094026_462115006_n
若年性アルツハイマー同じ場所からの実感

夕べ遅く、ブログを開いてみますと、私の拙いブログにコメントが寄せられていてビック …

若年性アルツハイマー患者としての慣れ
若年性アルツハイマー患者としての慣れ

【スポンサーリンク】 すっかり秋めいてきて、夏用の毛布2枚からとうとつ厚手の毛布 …

open-door
アルツハイマー秘かな期待

【スポンサーリンク】 もしかして、私のアルツハイマーは治るんじゃないかって、秘か …

10422138_800006800084648_2259555954221615590_n
叱られる

私が病気を患ってから、ほぼ始めて主人に厳しく叱られました。 「いい加減にしないか …

Comment

  1. みゅう より:

    お久しぶりです。 こんにちは。

    やっと、少しだけブログを書く時間がもてるようになりました。

    本当に、階段から落ちて骨折をしたら大変なことになりますよね。
    ほんの少し、不幸中の幸いでしょうか。
    ご主人様、ご帰宅されてびっくりなさったでしょうね。お嬢様も。
    ちょっぴり涙が出てしまいます。
    顔を洗うのもきっと痛いことでしょう。お大事に。

    • Yuki Yuki より:

      みゅうさま、ありがとうございます。

      抜糸まであと少しですけど、腫れが引かなくてかわいそうです。

      ありがとうございます。

  2. K子 より:

    YUKIさま
    きょうの記事に驚きましたが、お母様、骨に異常がなく、不幸中の幸いでしたね。
    YUKIさんがすぐに気づいて、適切な対応をされたこと、素晴らしいです。
    高齢者の転倒は、施設内でも起きることですから、防ぎようがないですね。倒れた体を起こすのも素人では大変です。
    両親には常々、転んだら命とりよ、と半ば脅しているのですが、私自身、何のことはない場所でつまずきますから、自分も気をつけなければいけません。

    • Yuki Yuki より:

      K子さま、ありがとうございます。

      本当ですよね。
      赤ちゃんを抱くのと違って重いこと重いこと・・

      転倒がきっかけで寝たきりの方も知っているので気をつけないとですね(私も)

      ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です