アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

もしかすると、私の進行は早いの?

   

rainy_day2
一昨日の夕食の献立がスッポリ抜け落ち、そんな急に忘れてしまうものなのか、自分の病気ながら不思議で仕方ありません。
また、それ自体を未だに不思議がる私自体が不思議です。

もしかすると、私の進行は早いの?

スポンサーリンク

そんな不安も手伝って(他の用事もあって)介護仲間のYさん、お母さまが認知症の介護のベテランに話しをしたところ・・・

「そんなの当たり前よ、アルツを認めるのは4.5年かかってもなかなか認められないものよ。若ければなおさら」と、言われました。

その時は軽く流せたのですけど・・
後から考えてみると、Yさんは「若年性アルツハイマーは綺麗ごとな病気じゃないわよ」と言いたかったのかもしれないなぁと思いました。
(病気に綺麗も美しいもありませんが)

確定診断から2年。
私は頭では若年性アルツハイマーを患っていると認識していても、心では拒絶していることがわかりました。
無理もないとは思いますが、諦められないという感じでしょうか。

悔しいという気持ちはすでに薄れてきていて、来る症状の進行を受け入れるしかないと頭で理解しながらも心の覚悟ができていないんでしょうね。

きっとアルツハイマーとは別に、この頭と心のバランスが混乱していくと精神的メンタルな部分が病んでいくのかな?と思いました。

あがらうことができない病気で、哀しいことですが少しずつ受け止めていかなければなりません。

きっと記憶が消えるまでこの戦い、葛藤は続くのでしょうね。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , , ,

     

  関連記事

K9A0HppkvO42i0C1397507417_1397507588
娘の涙とアルツハイマーの真実

我が家に幸運の四つ葉のクローバーが訪れることはないでしょうけど、三つ葉で十分。 …

図書館
アルツハイマーの私に言えなかった曇りがちの笑顔

この夏は受験勉強に熱心な娘です。 いつもは世話焼きで、認知症の母の相手も笑顔で対 …

lgf01a201411181000
突然の宣告、若年性アルツハイマー

突然の宣告。 再検査の朝は少し不安がありましたが、いつも通りに娘を学校に送り出し …

e0047322_22354454
娘の認知症お世話

娘が春休みということもあり、昨日は娘が一日、母のお世話をしていました。 以前に在 …

10984209_758826490898228_2138171901421066183_n
アルツハイマーの通院日

今日は通院でした。 行きは夫のタクシーで病院まで送ってもらいました。 特に症状に …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です