アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

もしかすると、私の進行は早いの?

   

rainy_day2
一昨日の夕食の献立がスッポリ抜け落ち、そんな急に忘れてしまうものなのか、自分の病気ながら不思議で仕方ありません。
また、それ自体を未だに不思議がる私自体が不思議です。

もしかすると、私の進行は早いの?

スポンサーリンク

そんな不安も手伝って(他の用事もあって)介護仲間のYさん、お母さまが認知症の介護のベテランに話しをしたところ・・・

「そんなの当たり前よ、アルツを認めるのは4.5年かかってもなかなか認められないものよ。若ければなおさら」と、言われました。

その時は軽く流せたのですけど・・
後から考えてみると、Yさんは「若年性アルツハイマーは綺麗ごとな病気じゃないわよ」と言いたかったのかもしれないなぁと思いました。
(病気に綺麗も美しいもありませんが)

確定診断から2年。
私は頭では若年性アルツハイマーを患っていると認識していても、心では拒絶していることがわかりました。
無理もないとは思いますが、諦められないという感じでしょうか。

悔しいという気持ちはすでに薄れてきていて、来る症状の進行を受け入れるしかないと頭で理解しながらも心の覚悟ができていないんでしょうね。

きっとアルツハイマーとは別に、この頭と心のバランスが混乱していくと精神的メンタルな部分が病んでいくのかな?と思いました。

あがらうことができない病気で、哀しいことですが少しずつ受け止めていかなければなりません。

きっと記憶が消えるまでこの戦い、葛藤は続くのでしょうね。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , , ,

     

  関連記事

10422138_800006800084648_2259555954221615590_n
叱られる

私が病気を患ってから、ほぼ始めて主人に厳しく叱られました。 「いい加減にしないか …

1xUMer3w5Q3I7RX1424788953_1424788967
再検査の再検査。

それは突然の宣告でした。 共働きで総合職として、私なりに頑張ってきました。 会社 …

雨音さえも記憶に刻まれそうで
雨音さえも記憶に刻まれそうで

夕べから横なぶりの雨が、窓に打ち付けられています。 大きな雨音で、夕べは目覚めて …

1620813_525659807548232_1899380697_n
母、顔面から階段の角に転倒

金曜日の夜、父が老人会の会合で出かけ、たまたま私と認知症の母と二人きりになり、つ …

1393658_1406195972948357_2087376861_n
春から母の在宅介護

今日お天気がよかったので、散歩がてら近所の公園で影を撮ってみました、なんとなくで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です