アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

もしかすると、私の進行は早いの?

   

rainy_day2
一昨日の夕食の献立がスッポリ抜け落ち、そんな急に忘れてしまうものなのか、自分の病気ながら不思議で仕方ありません。
また、それ自体を未だに不思議がる私自体が不思議です。

もしかすると、私の進行は早いの?

スポンサーリンク

そんな不安も手伝って(他の用事もあって)介護仲間のYさん、お母さまが認知症の介護のベテランに話しをしたところ・・・

「そんなの当たり前よ、アルツを認めるのは4.5年かかってもなかなか認められないものよ。若ければなおさら」と、言われました。

その時は軽く流せたのですけど・・
後から考えてみると、Yさんは「若年性アルツハイマーは綺麗ごとな病気じゃないわよ」と言いたかったのかもしれないなぁと思いました。
(病気に綺麗も美しいもありませんが)

確定診断から2年。
私は頭では若年性アルツハイマーを患っていると認識していても、心では拒絶していることがわかりました。
無理もないとは思いますが、諦められないという感じでしょうか。

悔しいという気持ちはすでに薄れてきていて、来る症状の進行を受け入れるしかないと頭で理解しながらも心の覚悟ができていないんでしょうね。

きっとアルツハイマーとは別に、この頭と心のバランスが混乱していくと精神的メンタルな部分が病んでいくのかな?と思いました。

あがらうことができない病気で、哀しいことですが少しずつ受け止めていかなければなりません。

きっと記憶が消えるまでこの戦い、葛藤は続くのでしょうね。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , , ,

     

  関連記事

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s
若年性アルツハイマー初期段階の刹那

若年性アルツハイマー初期段階の苦しいところ。 夕べ、FNSドキュメンタリー大賞「 …

1560579_617441021626472_15307423_n
娘の労わりに涙した日

私がアルツハイマーを患ってから、ある日を境に、娘が学校から帰宅すると私と小一時間 …

yB_zzD7PTQOOKU01424855511_1424855520
あらためて、アルツハイマー宣告

精密検査の日の前日に、主人が仕事を切り上げて帰宅してくれました。 予定外の父親の …

lgf01a201411181000
突然の宣告、若年性アルツハイマー

突然の宣告。 再検査の朝は少し不安がありましたが、いつも通りに娘を学校に送り出し …

1470236_217450465094026_462115006_n
若年性アルツハイマー同じ場所からの実感

夕べ遅く、ブログを開いてみますと、私の拙いブログにコメントが寄せられていてビック …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です