アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

医師への反抗期

   

l201107141200
GWに入ることから少し早かったのですけど、通院してきました。
医者への反抗期、アルツハイマーという病気の治療に対する反抗期なのかもしれません。

前回の通院以降に、私が感じているアルツハイマーの症状で変調があるとすれば「動作の鈍さを感じる」「最近の献立は分かるが順序がバラバラになってしまう」という自覚があるのですが、どうせ言ったところで向精神薬が増えるか薬剤薬種が変わるぐらい(アリセプトは代わらない)だろうと思い、そういったことは伝えず通常診察で終えてきました。

スポンサーリンク

少しふてくされ気味の反抗期と医師には映ったようでした。

帰り際に「もう暖かくなりましたから気分も優れるようになりますよ」と励まされました。
その時、「閉塞感で感情的になっている私」に気づきました。

家にいると、なるべく笑って過ごすことで家族に余計な心配を与えないと思って過ごしています。
ましてこの春から母の在宅介護もはじまり、介護苦労はもちろん人並みにありますが、ヘルパーさんも含めてみんなで明るく過ごしたいと・・・
口に出してそんなことを言ってはいませんけど、なんとなく家族の合言葉みたいな感じになっています。

その輪の中にいる介護者でもあり要介護者である私が、一歩家庭を出るとそんな気遣いを置き去りにして医師に反抗的な投げやりな態度を取ってしまったのですね。
反動、反作用なのでしょうか。
そう思い医師にお詫びの電話を入れようと思ったのですけど、またそれも「不安定な感情」と思われても困ると思い、電話は入れませんでした。
(どうなんでしょう、こういうことは医師との信頼関係が深まるものなのでしょうか?)

母の昼夜逆転生活のせいで寝不足気味で、昼間ウトウトですが、医師が仰ったように暖かくなり気分も爽快になります。

母は抜糸しました。
ご心配ありがとうございました。
傷跡は残らず一安心でした。ただ青あざが引かないので、「血液をサラサラにするお薬」を処方されました。
そのせいでいつも飲んでいる通信販売のサプリメントを全面中止にしてますので、ふくれています(笑)

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , ,

     

  関連記事

図書館
アルツハイマーの私に言えなかった曇りがちの笑顔

この夏は受験勉強に熱心な娘です。 いつもは世話焼きで、認知症の母の相手も笑顔で対 …

10422138_800006800084648_2259555954221615590_n
夜の夫婦生活はどうなっていくのでしょう?

【スポンサーリンク】 お恥ずかしい話しなのですけど、アルツハイマーだからというわ …

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s
若年性アルツハイマー初期段階の刹那

若年性アルツハイマー初期段階の苦しいところ。 夕べ、FNSドキュメンタリー大賞「 …

1620813_525659807548232_1899380697_n
母、顔面から階段の角に転倒

金曜日の夜、父が老人会の会合で出かけ、たまたま私と認知症の母と二人きりになり、つ …

eddca66a772ee69c0e99f38a87c7117e_s
記憶の扉が閉じる前に

脳の萎縮検査の結果が出ました。 当然の結果ではありましたが、脳の「海馬」という記 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です