アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

医師への反抗期

   

l201107141200
GWに入ることから少し早かったのですけど、通院してきました。
医者への反抗期、アルツハイマーという病気の治療に対する反抗期なのかもしれません。

前回の通院以降に、私が感じているアルツハイマーの症状で変調があるとすれば「動作の鈍さを感じる」「最近の献立は分かるが順序がバラバラになってしまう」という自覚があるのですが、どうせ言ったところで向精神薬が増えるか薬剤薬種が変わるぐらい(アリセプトは代わらない)だろうと思い、そういったことは伝えず通常診察で終えてきました。

スポンサーリンク

少しふてくされ気味の反抗期と医師には映ったようでした。

帰り際に「もう暖かくなりましたから気分も優れるようになりますよ」と励まされました。
その時、「閉塞感で感情的になっている私」に気づきました。

家にいると、なるべく笑って過ごすことで家族に余計な心配を与えないと思って過ごしています。
ましてこの春から母の在宅介護もはじまり、介護苦労はもちろん人並みにありますが、ヘルパーさんも含めてみんなで明るく過ごしたいと・・・
口に出してそんなことを言ってはいませんけど、なんとなく家族の合言葉みたいな感じになっています。

その輪の中にいる介護者でもあり要介護者である私が、一歩家庭を出るとそんな気遣いを置き去りにして医師に反抗的な投げやりな態度を取ってしまったのですね。
反動、反作用なのでしょうか。
そう思い医師にお詫びの電話を入れようと思ったのですけど、またそれも「不安定な感情」と思われても困ると思い、電話は入れませんでした。
(どうなんでしょう、こういうことは医師との信頼関係が深まるものなのでしょうか?)

母の昼夜逆転生活のせいで寝不足気味で、昼間ウトウトですが、医師が仰ったように暖かくなり気分も爽快になります。

母は抜糸しました。
ご心配ありがとうございました。
傷跡は残らず一安心でした。ただ青あざが引かないので、「血液をサラサラにするお薬」を処方されました。
そのせいでいつも飲んでいる通信販売のサプリメントを全面中止にしてますので、ふくれています(笑)

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , ,

     

  関連記事

e0047322_22354454
娘の認知症お世話

娘が春休みということもあり、昨日は娘が一日、母のお世話をしていました。 以前に在 …

rwdmTfM3poIjkLK1424858609_1424858618
悔し涙

主人とふたり病院から帰宅して、家についても悔し涙が止まりませんでした。 もう、私 …

6646442895_872066732d_b
若年性アルツハイマーの宣告

検査結果がハッキリ出るまで、私は情緒不安定になり、会社は貯まっていた有給休暇で休 …

1393658_1406195972948357_2087376861_n
春から母の在宅介護

今日お天気がよかったので、散歩がてら近所の公園で影を撮ってみました、なんとなくで …

7bfce5a3ee38fcfb57b37bea1e55e22c_s
病気を忘れるほど長い一日でした

最後の試合観戦。 娘の本格的なスポーツも、幼少の頃からですから7.8年。 終わっ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です