アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

認知症プチイベント「こどもの日」

   

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

ゴールデンウィーク、真夏日を記録するほど急に暑くなりました。
我が家は家族みんなそれぞれの用事でバラバラに出かけたりして近場で過ごしています。

夫は仕事明けに草野球、娘は最後の大会に向けた部活の毎日。
父は近所の老人会のゲートボールのようなゴルフ、グラウンドゴルフに加入して毎朝、ラウンドしているようです(ラウンドというのかな)

私と母は留守番係りで、アルツハイマーと認知症が文句を言い合いながら掃除や庭のお手入れを一緒にやり、家族が帰宅してはそれぞれの今日の出来事の聞き役です。

そんな会話がまるで四葉のクローバーの茎が伸びていくような気分にさせてくれます。

スポンサーリンク

今日がプチイベント「こどもの日」です。

特別なことをすることはないのですが、私が物心ついた時からこの日は「手巻き寿司」の夕食です。

当然、娘は産まれた時から5月5日は手巻き寿司が定番と思っています。

今は手巻き寿司セットを買って、家族の好きな具(お刺身)を買えば済むのでお手軽ですけど、昔はそんなのが売っていませんでしたので、母が海苔を買うことからはじめて近所の鮮魚屋さんにお魚を手巻き寿司用に捌いてもらったりで、ちょっとしたクリスマス並みの大イベントのように思っていました。

認知症の母には私の「こどもの日」のようです。

母にとってはいつまでも私が子供なのでしょうね・・
プチイベントの手巻き寿司の準備をしたいようで、午後から台所付近をウロチョロして包丁を探し始めました。

「お母さん、包丁はダメよ」と言うと、ふてくされてはまた包丁を探しています(包丁は母の届かないところに置いてあります)

そんな光景と会話が、将来の私と娘なのかもしれませんね

私もいずれ家族に包丁を隠されてしまうのでしょうね・・・
今日の母とのやりとりはいつまで覚えていられるのかな。

アルツハイマーは体のどこかが痛いわけじゃないので、毎日を苦しみながら(痛みと戦いながら)生活しているわけではないので暢気といえば暢気。
でも確実に平均寿命まで届かない命。

もう四葉のクローバーに花を咲かすことはできないけど、毎日の暮らしの中で少しでも長く茎を伸ばして、大げさですけど「人として生きた証し」「人としての最期」をしっかりとしたいと思います。

多くは望みません。
せめて娘の花嫁姿を認知症の母と一緒に見られたらそれでいいみたいな、そんなことを改めてかみ締めてしまった「こどもの日」でした。

さてさて今日の手巻き寿司、母のひとり舞台になる予感がしてます(笑)

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , ,

     

  関連記事

open-door
アルツハイマー秘かな期待

【スポンサーリンク】 もしかして、私のアルツハイマーは治るんじゃないかって、秘か …

e0047322_22354454
母親のお見舞いで私の病気を知らせました

母親のお見舞いに行ってきました。 私より、ホームで親しくなったお友だちが気になっ …

アルツハイマー2度目の夏
若年性アルツハイマーを発症してから2度目の夏

毎年毎年、暑くなっていってますよね。 若年性アルツハイマーを発症してから2度目の …

2df2caa2293a0dbd82455c532fba0dc9_s
私自身の診察としては、はじめての心療内科

セカンドオピニオンというわけではないのですけど、今日、心療内科にはじめて行ってき …

1471148_489309807849899_319644168_n
平凡な日常の中で移りゆく季節 父の引越し

お天気も何とか持ちこたえて、父の引越しも無事に終わり、やっと落ち着きはじめました …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です