アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

我が家の中心

      2015/05/25

m010537
我が家の中心は、若年性アルツハイマーの私でもなく、認知症の母でもなく、ひとり娘なのです。

もちろん我がままは「我がままを注意します」が、我がままを踏まえてもらえた上で娘の意向通りになります。
両親も私たち夫婦も「娘の笑顔が一番の喜び」といえば親バカすぎでしょうか。

スポンサーリンク

そんな娘がヘルペス(単純疱疹)に感染していて、体力的にキツイ時とストレスが重なるとヘルペスの症状が現れてしまいます。

一昨日から、いつもの唇あたりに症状が現れて、「ああ、やっぱり母親の在宅介護を再開させて、娘なりにストレスもあるんだな」と思いました。
今年、受験ですので学校もクラス替え(2つの進学コースの振り分け)がありストレスが重なったのでしょう。

足にも感染が及んだのか痒くて眠れず、朝になると熱も帯びていたので、学校を休みかかりつけの医者に行きました。

要するに昼間に娘がいる状態、しかも「弱っている」

となりますと、もう私も認知症の母まで、あれやこれやとお世話に働いて動きまくりで、好きなものを食べさせ、お茶ひとつ(片目のふさがっている)認知症の母が入れていたりで、家中が誕生会でもしている騒動です。

手前みそですが、娘が偉いなあと感心するのは、日ごろは私たちの病気を気遣いすぎるほど気遣うのですけど、こういう時だけは遠慮しないというところです。

私や母をアルツハイマー認知症として気遣わず、この時とばかり思いっきり甘えてくるわけです。

それに対して、たいした用事でもないですけど、要介護者ふたり母が一生懸命に用事をこなしてそれを後片付けしている私です。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , , ,

     

  関連記事

雨音さえも記憶に刻まれそうで
雨音さえも記憶に刻まれそうで

夕べから横なぶりの雨が、窓に打ち付けられています。 大きな雨音で、夕べは目覚めて …

f5da15cbd8daf1334def253580392312_s
あと5年で何もかも消えてしまう

若年性アルツハイマーの平均余命 発症から8~15年というのが、どの文献も見てもそ …

1471148_489309807849899_319644168_n
平凡な日常の中で移りゆく季節 父の引越し

お天気も何とか持ちこたえて、父の引越しも無事に終わり、やっと落ち着きはじめました …

10954490_767836483330562_9064181631207258910_n
やっぱり確実に記憶が薄れています

娘の部活のお弁当にハート型のきゅうりを切りました。 まだ、こういうことはシッカリ …

e0047322_22354454
母親のお見舞いで私の病気を知らせました

母親のお見舞いに行ってきました。 私より、ホームで親しくなったお友だちが気になっ …

Comment

  1. K子 より:

    YUKIさま
    前に話題に出た「母性本能」がしっかりお母様にも残っているのですね。ほほえましいです。
    また、お嬢様の甘えも嬉しいですね。
    もうすぐ87の母は、先日私にしては珍しく胃もたれして、約束していた外食は無理だと、前夜から伝えていたにも関わらず、翌日お昼になるとどこへ行くか聞くので「こんなに胃が痛いって言ってるのに、心配もしてくれないのね!?」と言いましたら、
    私の顔をじっと見て
    「なんで、胃なんて痛くなるのよ!」とのたまったのです。
    母親独特の、あの温かさや思いやりは、もうあてにしてはいけないのだ、と寂しく思いました。

    • Yuki Yuki より:

      K子さま。
      ありがとうございます。

      87歳のお母さま、パワフルで素敵です^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です