アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

あー、全体的にアルツハイマーが進んでいる

   

54dbe8237e7adef9ab646ae1a6af12ee_s

アルツハイマー進む症状。

そんなバカなと思うことが増えてきました。

自分でも苦笑してしまうほどです。

ドアの開け閉め、入浴の習慣などはもちろん、その、ひとつひとつを具体的に言い表せないほど(それを整理していかなくてはいけないのですけど)

全体的に目に映るものがボヤけているような気がしてます。

視覚を脳が判断するスピードが鈍くなっているというのでしょうか。

読書などは、どこまで読んだのかと何度も読み返してしまったり。

時々、ハッと立ち止まって考えると脳が縮むような感覚にとらわれてしまいます。

「あー、全体的にアルツハイマーが進んでいるんだ」と感じてしまいます。

次の定期健診で脳の萎縮検査を勧められました。

【スポンサーリンク】

でも、その結果を知ったところで、どうにもならないアルツハイマーの儚さも分かっています。

むしろそんな検査をしても意味がないとさえ投げやりに考えてしまい涙が出てきてしまいます。

そんなネガティブな心の内を家族に見せずにいるのも辛い性格です。

やはり一番は娘をちゃんと育てなければという思いが強いです。

頭や心の中に霞がなくてクリアだなと感じるのは一日に3.4時間・・

あとは薬が効いているのかボヤける景色の中で過ごしているのに、それを娘に見せる(分かってもらう)のが切なくて、まだまだのことですけど娘が嫁ぐまでは正常でいなくてはならないという気持ちが強いからです。

認知症の母の介護は、そんな負担ではないので娘のことが一番です。

メンタルコントロールには自信があったのですが・・・

感情移入も激しくなってきていて、ポジティブなことには涙もろく、最近ではネガティブなことにも文句を心の中でつぶやいてしまいます。

これが若年性アルツハイマーの症状のひとつ、攻撃性(暴言)を増すことなのかなと思いつつたしなめていますが、闘病生活で(特に何もしていないのですが)家にいる時間が長いのでストレス性の鬱なのかとも考えています。

この瞬間にも、打つ手なしのアルツハイマーが進んでいるということを受け止めて、もっと心まるくでいなきゃと思いました。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , ,

     

  関連記事

1393658_1406195972948357_2087376861_n
春から母の在宅介護

今日お天気がよかったので、散歩がてら近所の公園で影を撮ってみました、なんとなくで …

rwdmTfM3poIjkLK1424858609_1424858618
悔し涙

主人とふたり病院から帰宅して、家についても悔し涙が止まりませんでした。 もう、私 …

1908175_920078754671537_325187720791216246_n
込み入った話しと家族の覚悟

昨日、少し気が早く非番の主人と娘との食事の際に、母親の在宅介護へのシフトを思い切 …

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s
アルツハイマー脳の委縮度検査を受けてきました

先日から、特にこれという説明は難しいのですが、とにかく全体的にアルツハイマーが進 …

874b0bb333b38e492871ae7281ea70b7_s
我が家の包丁事件

【スポンサーリンク】 先日、注意力が散漫になっていたのか、認知症の母と一緒に台所 …

Comment

  1. るる より:

    こんばんは
    梅雨入りしたくまモン地方です
    内容読んで〰やはり切ないです
    速い症状?なんでしょうか 娘ちゃんに誰か側にいる方が
    見つかるまでは〰と思ってしまいます
    1日でクリアな時間が少なくなるんですね

    • Yuki Yuki より:

      るるさま、ありがとうございます。

      投稿したあとに脈略のないネガティブだなぁと自己嫌悪でした。
      ご気分悪くさせてしまいませんでしたか?

      わざわざ、ありがとうございます。

  2. K子 より:

    YUKIさま
    不順なお天気で、誰でも体調を崩しやすい時期ですね。
    包丁のことですが、お台所は、家の中で1番危険な場所かもしれませんね。
    並んで作業していると、お互いの肘が当たったり、何か取ろとして伸ばした手が、邪魔で危なかったり。
    以前、よろけた母が、とっさにまな板を掴みそうになったことがありました。包丁が載ったままでしたので、本当に肝を冷やしました。以来、母はキッチンには入室禁止です。
    初めから危険を防げれば、それに越したことはないですが、何かあったら策を講じる、今はそう考えています。

    YUKIさんは、娘としての気持ちと母親としての気持ちを両方味わえる、恵まれた立場にいらして、お上手に日々を過ごされていらっしゃると思います。健康であっても、うまく行く日もあれば心の荒む日もあります。甘えさせてあげる気持ちと甘える気持ちの両方を味わいながら、安心してお過ごしになってください。
    つい、年上なので偉そうな言い方で失礼いたしました。

    • Yuki Yuki より:

      K子さま、ありがとうございます。

      注意していても注意しきれなくなってるのかな。
      そうですね、娘もすっかり女性なんですものね(未成年ですけど)友達感覚で接してきたので、これからもそうしてみます。

      わざわざ、すみません、この投稿はどうかしてました、反省です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です