アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

アルツハイマー秘かな期待

   

open-door

襲いかかるアルツハイマーの覚悟。

【スポンサーリンク】


もしかして、私のアルツハイマーは治るんじゃないかって、秘かに期待していたんです。

確定診断を受けてますから、間違いなく若年性なのですけど、今までは症状の進行がアルツハイマーなのか加齢による単なる物忘れやウッカリと、自分でも区別がつかないぐらい緩やかだったのだと思います。

それが入浴を億劫がるようになり、軽い睡眠障害なのかもしれませんが生活サイクルも狂ってきて・・・
今では完全に同時に物事をすると必ずひとつ抜けるようになってしまってます。

と言ってもそんな難しいことではなくて・・

部屋に入る前にドアを開けたつもりで、ドアにぶつかる。

要するに、気持ちはドアを開けて部屋に入ってるのですけど、ドアを開けてないのに部屋に入ろうとしてドアにぶつかることが増えました。
先日は、そのドアに足の小指をぶつけて、「痛い思いをしてしまいました」

他にも、最後に居間の電気を全部消す時、テレビを消すことを忘れることが増えました。

テレビのリモコンは何故か手に持っているのにもかかわらず、部屋の明かりが全部消したはずなのにテレビがついてることしばしばです。

3つ一度にしようとすると、しようとしている順番が考えと違っていたり、ひとつ忘れたり、ひどい時は、「いま何しようとしていたんだろう」と考え直すときもあります。
(それはちゃんと思い出せます)

 icon-check-square-o アルツハイマー認知症を自認するのに何年もかかると、親しい先輩介護者の方に言われたことがあります。

まして、私の場合は若年性ですし。
それでも、そういったことの進行を遅らせる工夫で乗り越えれる(現状維持でという意味で)と楽観的な面もあったのですけど・・

でも、儚い「秘かな期待は」他のあることで嫌でも症状が進んでいることを実感させられました。

秘かな期待は消え去り、あとは覚悟と心から自覚すだけなんだと思いました。
スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で ,

     

  関連記事

図書館
アルツハイマーの私に言えなかった曇りがちの笑顔

この夏は受験勉強に熱心な娘です。 いつもは世話焼きで、認知症の母の相手も笑顔で対 …

8489595350_e45deaeb75_b
母との2泊、一安心でした

施設と相談して、この週末2泊3日で、母を一時帰宅させました(外泊) お正月に自宅 …

夏 ひまわり
移り変わる季節がスローモーション

いつのまにか梅雨明けして、暑い、暑いと言っているうちに7月も終わり、もう8月盛夏 …

移りゆく景色
ぼんやりとアルツハイマー年齢も重ねている実感

娘の夏休みも終わり、ちょうど気温も寒いぐらいに季節感はすっかり秋になりました。 …

アルツハイマー残りの時間
「正直、ホッとしている」に合点がいかない夫

夫のタクシー会社の同僚の母がお亡くなりになりました。 90歳近い年齢だったそうで …

Comment

  1. ヨザクラ より:

    私も期待してます。
    うつ病と言われ、念のためにMRIを撮った結果、脳の萎縮アリ。軽度認知症。
    ただ、うつ病と似てる症状なので、うつ病が治れば一緒に治るて密かに期待してます。
    私も忘れる事が増え、お風呂も面倒です。
    ただの加齢のせいにしたいです。
    お互い東京オリンピックまで「なんくるないさぁ」です\(^^)/

    • Yuki Yuki より:

      ヨザクラさま。

      落ち込んでいたいたので、和みました。
      ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です