アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

アルツハイマー秘かな期待

   

open-door

襲いかかるアルツハイマーの覚悟。

【スポンサーリンク】


もしかして、私のアルツハイマーは治るんじゃないかって、秘かに期待していたんです。

確定診断を受けてますから、間違いなく若年性なのですけど、今までは症状の進行がアルツハイマーなのか加齢による単なる物忘れやウッカリと、自分でも区別がつかないぐらい緩やかだったのだと思います。

それが入浴を億劫がるようになり、軽い睡眠障害なのかもしれませんが生活サイクルも狂ってきて・・・
今では完全に同時に物事をすると必ずひとつ抜けるようになってしまってます。

と言ってもそんな難しいことではなくて・・

部屋に入る前にドアを開けたつもりで、ドアにぶつかる。

要するに、気持ちはドアを開けて部屋に入ってるのですけど、ドアを開けてないのに部屋に入ろうとしてドアにぶつかることが増えました。
先日は、そのドアに足の小指をぶつけて、「痛い思いをしてしまいました」

他にも、最後に居間の電気を全部消す時、テレビを消すことを忘れることが増えました。

テレビのリモコンは何故か手に持っているのにもかかわらず、部屋の明かりが全部消したはずなのにテレビがついてることしばしばです。

3つ一度にしようとすると、しようとしている順番が考えと違っていたり、ひとつ忘れたり、ひどい時は、「いま何しようとしていたんだろう」と考え直すときもあります。
(それはちゃんと思い出せます)

 icon-check-square-o アルツハイマー認知症を自認するのに何年もかかると、親しい先輩介護者の方に言われたことがあります。

まして、私の場合は若年性ですし。
それでも、そういったことの進行を遅らせる工夫で乗り越えれる(現状維持でという意味で)と楽観的な面もあったのですけど・・

でも、儚い「秘かな期待は」他のあることで嫌でも症状が進んでいることを実感させられました。

秘かな期待は消え去り、あとは覚悟と心から自覚すだけなんだと思いました。
スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で ,

     

  関連記事

l201109260800
誤診であって欲しい

その日も、どうやって帰宅したのか記憶がないほど、内心は動揺していました。 ひとつ …

e0047322_22354454
娘の認知症お世話

娘が春休みということもあり、昨日は娘が一日、母のお世話をしていました。 以前に在 …

4d04c863f40fd30698b7ed7075363d6e_s
記憶に焼き付けてきます。娘の最後の試合

娘の最後の試合。 明日は、娘の部活のインターハイ予選の最後の試合。 負ければ高校 …

犬の散歩
今年の夏の大きな出来事

我が家の老犬(ミニチュアダックス)が逝ってしまいました。 歯周病が悪化して、口の …

10943699_374748262697342_4479142460273311892_n
若年性アルツハイマーらしくココナッツオイル

去年の夏ぐらいからでしょうか。 ココナッツオイルが認知症・アルツハイマーに有効、 …

Comment

  1. ヨザクラ より:

    私も期待してます。
    うつ病と言われ、念のためにMRIを撮った結果、脳の萎縮アリ。軽度認知症。
    ただ、うつ病と似てる症状なので、うつ病が治れば一緒に治るて密かに期待してます。
    私も忘れる事が増え、お風呂も面倒です。
    ただの加齢のせいにしたいです。
    お互い東京オリンピックまで「なんくるないさぁ」です\(^^)/

    • Yuki Yuki より:

      ヨザクラさま。

      落ち込んでいたいたので、和みました。
      ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です