アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

アルツハイマー家族としての新しい生活

      2015/02/27

4569424129_c8f7869562_b

若年性アルツハイマーとの診断を受けたものの、特に外見上は変わりなく、内面的にも行動も変わったという自覚がないまま春を迎え、家族それぞれの生活が変わっていきました。

【スポンサーリンク】



私は20年勤めた会社を退職しました。
自身がアルツハイマーとは告げずに、ただ母親の介護という理由を告げ、退職届けには一身上の都合とだけ伝え、年度末で退社しました。

簡単な仕事に転職も考えましたが、体調の様子を見なければなりません。
娘は高校3年生、いよいよ本格的な受験年度の大事な一学期でした。

主人は、長距離ドライバーとして一番の稼ぎどきの「トラックのローン」が終わり、稼いだ分が丸々収入になるドライバーとして一番旨みのある時でした。
ですが、私のアルツハイマーを案じて長く家を空けるのは不安だと、今はトラックを二束三文で売り払いタクシーの運転手に転職しました。

新しい暮らしが始まろうとしていました。
いや始まっていました。

休日にはなるべく出かけるようにしたり、狭い庭先ながらも、娘の友達を招待して受験勉強の景気づけにBBQをしたり。

ずっと共働きできましたので休日の過ごし方を忘れていたかのように楽しみました。

食事にも気をくばるようになり、アルツハイマーに良いという話しを聞けば、何でも試しました。
無農薬、自然食品から始まり、健康ジュース類、サプリメント、フコイダンなど・・

施設にお世話になっている認知症の母親のお世話も負担感、介護疲れも薄れて、同じ病気の連帯感のようなものが新しく芽生えていました。

折を見ては、私の父も主人の両親も顔を出してくれ、その度に娘がお小遣いをいただいて、ちょっとした小金持ち?になっていました。

楽しさ、喜びを満喫している一方で、ふとこの先、何年もこうしていたいと確実に忍び寄ってくる病魔に恐れを感じながらも、新しい暮らしは幸せそのものでした。

せめて、娘が嫁ぐまでは・・・
強くそう思い、今でもそう思っています。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で , , , , , , ,

     

  関連記事

7a7df09cda0b747597a651d72cb88fe7_s
下の名前しか覚えない認知症の母

すっかり良くなった母が退院してすぐに、熱帯夜の猛暑日が続いで気が気じゃありません …

eddca66a772ee69c0e99f38a87c7117e_s
記憶の扉が閉じる前に

脳の萎縮検査の結果が出ました。 当然の結果ではありましたが、脳の「海馬」という記 …

図書館
アルツハイマーの私に言えなかった曇りがちの笑顔

この夏は受験勉強に熱心な娘です。 いつもは世話焼きで、認知症の母の相手も笑顔で対 …

夏 ひまわり
移り変わる季節がスローモーション

いつのまにか梅雨明けして、暑い、暑いと言っているうちに7月も終わり、もう8月盛夏 …

1620813_525659807548232_1899380697_n
私の運命、若年性アルツハイマー

昨日は冷え込んで、早く春が来ないかなと時の経過を早めたい思いと、珍しく家族3人揃 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です