アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

アルツハイマーブログとして

      2015/05/25

4月も終わり、またひとつカレンダーが進んでいきました。

実は私は病院なので会う、私と同じ若年性アルツハイマーだろうと思われる患者さんと接触はしないようにしているんです。
声を掛けられれば、それなりにお話しはしますが。

だからアルツハイマーブログを書いているのかもしれません。

というのも、アルツハイマーの方と親しくなっても、いずれお互い忘れてしまうと思うと、そんな残酷なことなら最初から親しくならないでおこうと思っちゃうのです。

いずれ私も、その親しくなった方も醜態ともいえる病態を晒し、どちらかがそれを見届けて、残りのどちらかも同じ病態になる。
そんな予告のような症状の進行を見てしまうのが親しい方なら尚のこと私には酷です。

でも反面、身近に同じ境遇の方がいれば心強く、励みにもなるとも思っています。

スポンサーリンク

いずれ症状が進みブログの更新もできなくなるでしょう。

それでもブログを日記として書くことは私の予防でもあり、ブログを通じてたくさん頂くアドバイス、助言などのコメントが心地よい距離感になっているからです。

ひとつ未承認希望で頂きましたコメント(未承認のままです)をご紹介させてください。

(未承認希望で未承認のコメント)

医師への正直な感情はそのままで大丈夫ですよ。
お電話で謝罪しなくて大丈夫です。
医師の前では、緊張もあり、つい、へりくだって愛想良くしてしまいますが、今の感情を正直に出してくれる患者が医師にとってもありがたいようです。
長いお付き合いになるのですから、何でもありのままがよろしいですし、それで齟齬を生じる結果になれば、無理をなさらず、医師を替えるのも方法でしょう。
ついでにもう一つ、YUKIさんはアリセプトを服用されているのですね。
これは、予防ではなく進行を抑えるお薬だそうですので、YUKIさんも早くに処方されて、きっと進行を抑えてくれると思います。
動作が緩慢になるのは、多動になって怪我やミスをするよりずっと良いことです。
私も、1つ1つを確認して、慌てないでやるように、いつも自分に言い聞かせております。

医師への反抗期より

私は頭でっかちなところがあって、医学、医療、薬剤などの比較的難しい本でアルツハイマー病を理解しているつもりですが、身近に同病者がいないのでこういった実践的なことをコメントくださる方がたくさんいてくださるので、不安な夜や家族にも伝えにくい心細さが募るとき、何度も何度も頂いたコメントを読み返しています。

ありがとうございます。

アルツハイマーの方にタメになるブログではないのですが・・・

そういった介護の現場レベル、要介護のコツやアルツハイマーに「よいこと悪いこと」を寄せられるととても安心します。

あ、私だけじゃないんだって、気持ちがとても軽やかになります。

実はもうスマホからのブログ投稿が、指の感覚?動作の鈍さでできなくなっています。
私はアルツハイマーの症状も早いのかもしれません。

ブログもいつまで続くかわかりませんがお親しくお願いいたします。

いつも、すみません、ありがとうございます。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で ,

     

  関連記事

もう私ひとりではアルツハイマーに立ち向かえない
もう私ひとりではアルツハイマーに立ち向かえない

【スポンサーリンク】 ここ最近、身体的な不調、アルツハイマーの特徴的な症状は現状 …

10552473_515854028549421_1246429304660163256_n
母親の在宅介護への切り替え

いま私の母親は認知症のグループホームに入所しています。(要介護3、もしくは4です …

夏 ひまわり
移り変わる季節がスローモーション

いつのまにか梅雨明けして、暑い、暑いと言っているうちに7月も終わり、もう8月盛夏 …

10615441_729061193797787_4908688329888180692_n
雨降って地固まる

病気後にはじめて主人に叱られ、とにもかくも雨降って地固まるになりました。 それと …

雨音さえも記憶に刻まれそうで
雨音さえも記憶に刻まれそうで

夕べから横なぶりの雨が、窓に打ち付けられています。 大きな雨音で、夕べは目覚めて …

Comment

  1. 初めまして
    なんくるないさーと申します。
    私も若年性アルツハイマー病です。
    数年前にあまり聞きなれない脳炎を発症し治療を行いましたが、今月に入って若年性アルツハイマー病と診断されました。
    同じ病のYukiさんとお話がしたくメッセージを送りました。
    辛い気持ち本当に分かります、痛いほど分かります。
    妻は私の病を理解しようと、いろいろな本を読んでいます。
    とても感謝していますが理解する事と実際に経験する間にはどうしても埋められない差があると思います。
    その一つが『頭の中の霧』のようなもの・・・1日位しか記憶が持たない私の頭の中はずっと霧がかかったような感覚。
    何かを思いだそうとしても真っ白。
    そんな感じありませんか?
    ・・・いきなりメールを送り、変な質問をしてすみません・・・同じ病の人なら分かるかなと思い書きました。
    もしよかったら私のブログも読んでみてください。
    長々書いたことをお許しください。
    失礼します。
    追伸
    同じ病の仲間として応援してます。
    お互い頑張って生きましょう。

    • Yuki Yuki より:

      なんくるないさーさま。
      ありがとうございます。

      わー記憶より記録のブロガーさんだったのですね。
      確か同じハンネの方がおいでで勘違いしていました。

      確定時期が近いので、症状との戦いお互い競争ですね!
      いろいろ勉強させてください。

      ありがとうございます。

  2. るる より:

    明日から 5月ですね
    季節は人に関係なく進んで行きますね
    スマホでの指先があやふやになるなら ダブレットは良いです
    私もスマホは文字が小さいから敬遠です
    なかなか先が見えにくい病気なんですね。個人差もあるし
    ゆったりと人生歩んで行けたら良いですね

    • Yuki Yuki より:

      るるさま、ありがとうございます。

      娘とだけ緊急連絡用にLINEをしてるのですけど、打ち込むのも大変になています。
      老眼もあるのかな(汗)

      ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です