アルツハイマー 移りゆく景色の中で

若年性アルツハイマーブログ(要)介護日記です。

*

若年性アルツハイマーの宣告

      2015/07/31

6646442895_872066732d_b

検査結果がハッキリ出るまで、私は情緒不安定になり、会社は貯まっていた有給休暇で休むことにしました。
その間、色々と考えました。
何よりも娘のこと、主人、家族のこと。
実家の両親や親戚一同はもちろん、これからの生活の変化のこと。

【スポンサーリンク】

若年性アルツハイマーの宣告

もちろん病症の進捗具合も、購入した本の事例で学びました。

「なぜ、どうして?私が・・」はどうしても拭えませんでした。

今でもなぜ私がと思うこともありますから当然です。

それでも毅然としていたい自分と、今にも崩れそうな自分の両面がいて、とても情緒不安定でした。

精密検査の結果が出るまでの間は、料理好きの私も、さすがに満足な料理を振舞う気力もなく、主人が台所に立つか、出前で食事を済ませていたほどでした。

そして精密検査の結果は、覚悟していた通りの病名がくだされました。

「アルツハイマー型認知症」

若年性アルツハイマーとのことでした。

早速、付き添ってくれた主人と一緒に今後の治療方針を説明していただきました。

音楽療法や心理療法の説明も受けて、その日はとりあえずアリセプトを処方されました。

帰宅したとたんに緊張の糸がほぐれたような虚脱感を覚えています。

何をしたかは覚えていないのですけど、その日の夕方、娘が帰宅すると3本の薔薇をプレゼントしてくれました。

お父さん、ママ、私の1本ずつという意味だそうで、「ママはママ。私はこの家族に産まれてよかったよ」って言ってくれました。

嬉しかったです。

あれ以来、情緒不安定で嬉し泣きを忘れていた私は、思わず涙してしまいました。

そう、私は私。
私でいられる限り、愛する家族のために精一杯のことをしようと思いました。

後日、そんなようなことを娘に手紙に書いて渡しました。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ にほんブログ村 アルツハイマー病

 - アルツハイマー 移りゆく景色の中で ,

     

  関連記事

l201107141200
医師への反抗期

GWに入ることから少し早かったのですけど、通院してきました。 医者への反抗期、ア …

K9A0HppkvO42i0C1397507417_1397507588
娘の涙とアルツハイマーの真実

我が家に幸運の四つ葉のクローバーが訪れることはないでしょうけど、三つ葉で十分。 …

rainy_day2
もしかすると、私の進行は早いの?

一昨日の夕食の献立がスッポリ抜け落ち、そんな急に忘れてしまうものなのか、自分の病 …

10363800_762936223820588_4102668466552313188_n
アルツハイマーも何事もなかったかのように・・・

アルツハイマーも何事もなかったかのように、今年も咲いてくれました。 春の訪れ、お …

7bfce5a3ee38fcfb57b37bea1e55e22c_s
病気を忘れるほど長い一日でした

最後の試合観戦。 娘の本格的なスポーツも、幼少の頃からですから7.8年。 終わっ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です